素材にこだわる家づくり

家

健康な生活

神奈川では、調湿性の高い素材を導入する注文住宅が増えています。日本の気候は高温多湿になりやすく、アレルギーの原因となったり、住宅の耐久性を弱めることも知られています。理想的な住宅は、室内環境を適正な湿度に保つことで、神奈川の住宅メーカーも日々建機行っています。湿気が多い環境は、ダニやカビから害虫による食害まで様々な問題が発生しやすくなります。そこで注目を集めているのが、住宅の水回りを中心に自然素材を用いて自然な形で湿度調節を行う仕組みです。神奈川の注文住宅でよくもちいられているのが炭や竹、珪藻土といった自然素材です。国内産の天然木も室内の余分な湿度を取り込み、乾燥時には放出するという働きを行います。このような自然素材を室内に取り込むことにより、ナチュラルな状態で湿度コントロールを行うことが狙いです。このような仕組みは、注文住宅なら簡単に取り入れることができます。住宅の流行は、時代とともに変わります。一時人気のあったコンクリート打ちっぱなしも、湿気がこもってカビが発生しやすいという問題があり最近下火となっています。注文住宅の建築では、安易に流行を取り入れず、長期的な視点に立って住み心地にこだわることも大切です。神奈川の注文住宅は、自然素材を用いて気候にあわせて呼吸するマイホームを実現しています。自然素材を用いると、冬暖かく、夏は涼しい環境となり、室内が快適な湿度となります。また経年変化を楽しめるのも自然素材ならではで、素材もバリエーション豊かに展開され、注文住宅ならではの異素材ミックスも評価されています。

Copyright© 2018 注文住宅の価格をチェック【こだわりのあるマイホームを建てる】 All Rights Reserved.